2009年12月15日

ん。

元気。

【日記の最新記事】
ニックネーム B at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月13日

-

感情に支配されて
どんどん自分が死んでいく。

そこに私の居場所はない。


誰か助けて、、、





ニックネーム B at 21:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月09日

こんな本を読みました。


nekokami.jpg


涙が止まりません。



今日、友人がくれたメールでこっそり涙しました。
ほんとにそうだったら良いな。
ありがとう。









ニックネーム B at 20:45| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月03日

白い仔

chirochan.jpg

とあるペットショップで「もらって下さい」と札が付いた檻の中に
子猫が3匹いました。どの仔も可愛くもそもそ動きまわってました。
その中に真っ白い仔がいました。

白い仔は寿命が短いんだよ。
そんなことを数人に言われてきました。
ちょっとショックでした。
「あぁ。。長生きしないのかなぁ」
なんて・・・気づいたら20歳。
「この子頑張ってるね〜。」
獣医さんが感心するくらい長生きしてくれました。
人生のほとんどといっていいほど一緒に生きてきました。

若い頃は、かなりのやんちゃでした。
小鳥やカマキリ等捕まえて、誇らしげに見せにきてました。
それらを置いていくので、、、その後の処理が、、、。

余所で子猫を拾い、あずけると育ててくれました。
何匹里子にだしたことか、、、。

puchichiro.jpg

病気ひとつしない子でした。
そんな子が最後に癌なんて、、、
しかも、アゴに癌ができたので
ご飯も食べれず、水も飲めず。

毎日すり鉢で猫缶をすり潰し
ドロドロにしたものや水をスポイトで与えていました。

でも、それだけじゃ栄養が足りないようで
どんどん痩せていきました。

水が飲みたく、風呂の入り口でうずくまっていました。
(いつも洗面器に水をはって、そこで飲んでいたのです)

おしっこも、死ぬまで自分のトイレでしてました。
絶対他の場所ではもらしませんでした。
でも、力尽きて用をたしたあと
その場でうずくまってしまうのです。

歩くのがやっとなのに、よたよたしながら
私のあとを追ってきました。
抱いてやると、安心して寝てしまいます。

夜、はっ!として目が覚め、お腹のあたりを見て
動いているとほっとしたり。
帰り道、「死んでたらどうしよう、、、」と
そわそわしながら早足になったり。

点滴をしてもらう為、獣医さんに毎日毎日通いました。
獣医さんに「安楽死」の選択をせまられたとき
「この子を失う」のがものすごく怖く、想像できませんでした。
呆けもせず、一生懸命生きようとしているこの子を
殺すなんて、とてもできませんでした。
最後まで看取りたい。

でも、、、今思うと可哀想なことだったのかもしれません。
ほとんど餓死に近い状態で亡くなったと思います。
どんなにお腹が減ってたか、でも食べれない。
どんなに喉が渇いてたか、でも水が飲めない。
ほんとにほんとに可哀想で、今でも涙が止まりません。
あの時、安楽死させてあげたら良かったのか、、、。
私の「失いたくない」というエゴだったんじゃないか。

どうしたらあの子にとって良かったのか。
今でも解りません。幸せだったのか。。。
ニックネーム B at 01:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月06日

、、、

自分がやだ
ニックネーム B at 00:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月22日

かわいいこ

ちろちゃんが日曜日(2/18)に天国にいきました。
最後は人の温もりの中で苦しまず、眠るように逝きました。
20年もの間こんなに可愛い子と過ごせて私は幸せでした。

火葬がすんだあと3日間39度近い熱が続き
死んだ事を心のどこかで認められず
何処かにあずけている感覚です。
でも、現実にかえると遺骨があり、、、どこにも居なく
この子の存在が大きかったことを、今更ながらに知りました。

悲しくてくるしいです。

ニックネーム B at 17:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月11日

;−;

200702111728000.jpg

さっき病院から帰ってきました。
体重は1.9kになっていました、、、
カビによる膀胱炎になってしまい
この症状は、めったにないらしく
かなり抵抗力が下がってる子が稀になるそうです、、、
点滴やら注射やらエコーで、今はグッタリして寝てます。

尿を採るのに、エコーを見ながら膀胱に直接注射器を刺すのです。
飼い主も一緒に押さえるのですが、少し暴れてしまい
何度もちっくんちっくんと、、、ほんとに痛々しい、、、

ちろちゃんはボロボロです。
獣医さんが
「このままいっても延命治療しか出来ないので、
かえってチロちゃんが苦しい思いをするかもしれないから
安楽死も頭に入れておくように」
みたいなことを言ってたきがします。

安楽死、、、
延命、、、

そんなの決められないよ



ニックネーム B at 18:12| Comment(13) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月12日

ひさびさのネット、、

画像 052.jpg


20歳の猫のチロちゃんが、、、、
癌に、、、なってしまいました、、、
もう歳なので手術もできず
このまま症状をおさえていくしかないそうです。
アガリスクってほんとにきくの、、、?
高いし、、、、、
専用の栄養食とかもめちゃたかい、、、

治療費稼ぐためバイト増やしました、、、;−;
ニックネーム B at 18:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月04日

なんだか、、、

4日まえに友人が亡くなった。
ものすごく小さくなってた、、、、、、、、

2年間、植物状態だった。
植物状態でも、呼吸して胸のあたりが上下してるの確認すると
「生きてる」って思う。

死んでしまったらただの肉の塊なんだよね。

よく頑張ったね。ゆっくり休んでほしい。
家族もよく頑張ってた。
こういうのって
なにがいいのか悪いのかよく解らない。

ニックネーム B at 19:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月24日

sayonara sayonara

NEC_0077.jpg


しんじゃった
ニックネーム B at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする